世界にたったひとつしかないオリジナルのものには尊い価値があります。自分だけのバッジを製作してみましょう。材料費もあまりかけずに、経済的な簡単に作ることができる缶バッジは、自分で撮影した写真や自分で書いたイラストをもとに作成しましょう。漫画やプロの作品であるイラストを使用するのは著作権法にかかりますので、オリジナルのものを用意するようにしてください。では、ボタンキットを使う方法で作ってみましょう。100円でも手に入るボタンキットを使います。くるみボタンに絵柄を貼り付けます。この時にボタンに両面テープを貼り付け、フィルムを貼り、デザイン絵を重ねます。ボタンのサイズに合わせてはみ出た部分はひだをよせ裏に織り込んで、裏のパーツで蓋をします。あとは、裏に出ている突起に安全ピンをつけたら出来上がりです。

くるみボタンや専用キッドを活用する

くるみボタンのキットを使用した別の方法を試してみましょう。家にある端切れや布をデザインする方法です。無地のものなら刺しゅうをしてみてもいいでしょう。布用のペンを使って文字や絵をかいても面白いです。インクジェットプリンターでプリントできる布もありますので、パソコンで描いた絵をプリントしたり、撮影した写真画像をプリントしたりしてもいいでしょう。布の場合、ボタンにつけるとき、しわが寄りやすいですがそれもまた味になるでしょう。パソコンで作成する場合は、デザインを考えながら色違いに調整してみたり、写真や画像に手を加えてみたり等、さまざまなarrangeが楽しめそうです。バッチ製作専用のキッドも売られています。激安ではありませんが安価で簡単につくることができます。はじめから缶バッジがつくれるような仕様になっていますので、不器用な方はこちらで挑戦したほうがいいでしょう。

バッジの裏側にもこってみましょう

バッジは安全ピンついていて、ピンで服や布にとめますが、安全ピンの付け方もバッチ製作には重要です。ボタンキットを使って製作する場合は、もともとついているボタン用のでっぱりに安全ピンを通せばいいのですが、なんせボタン用なのででっぱりが大きくて、バッジとしてつけるとバッジが傾いたりして見た目がいまいちとなることがあります。そんな時はもともとついている金具をとって、糸で縫い付けるのもいいでしょう。はずれないように頑丈に縫い付けてください。バッジの上のほうにピンを付けたい場合は、テープで貼り付けると安定します。カラーテープにして、裏面をそのテープで覆うのもありです。裏側の見た目にこだわるなら細い針金でピンをおさえるようにしてつけるとオシャレです。自分だけのこだわりのバッジを作ってください。

オリジナルのトロフィーをお作り致します。 早期お申込みで30%割引をさせていただきますが、主力商品・サービスは、100%頑張らせていただきます。 トロフィーやメダルなどの商品を多くのお客様に販売しており、格安で扱っている実績が当社には存在しています。 競技大会や表彰式を華やかに盛り上げるトロフィーやメダルを多数ご用意しております。 バッジの製作は「ichikawa-sk」にお任せください!