洋服や帽子、バッグなどに取り付けお洒落のアイテムとして用いられるバッジ、お気に入りの物を購入するのも良いのですが、良いものがなかなか見つからず苦労する事や、持っているバッジのデザインが古いものになってしまって買い替えを考える方は、オリジナリティあふれる自作のバッジを製作する事を視野に入れて検討すると良いと言えます。自作の場合、既成概念のとらわれず自由な発想で自由なものを作成する事が出来、自身の個性を前面に打ち出し、既製品では表現しきれないオリジナリティあふれるバッジの製作が出来るからです。オリジナルのバッジは自身で作るものとオーダーメイドの会社に頼む方法との2種類があります。どちらもオリジナルと言う点では相違ないのですが、オーダーメイドの場合、サイズや形などに制約が出てきますので、完全な個性派を望むのであれば個人でのピンバッジ製作が良いと言えます。

簡単にバッジを製作するための方法

オリジナリティあふれるバッジを自分で製作してみると聞くと、とても難しいような作業に感じてしまいがちですが、意外に簡単に作れる方法は多数存在します。先ずはどのような種類のバッジを作成するかと言う点から絞り込む事になります。大きさや形、デザインなど自身が表現したいバッジの固める事です。また自作の場合には製作出来ない素材や形もあります。例えば木の葉の形や蝶の形などにしたいと考えた際、金属の加工が難しく、専用器具を使用しなければ失敗しやすくなります。そのようなデザインのバッジが欲しい場合はオーダーメイド専門の業者への依頼が必要となります。簡易に制作できるバッジの代表としては丸型や四角型などの形が整っているものを製作すると、失敗も少なく、程よい仕上がりのバッジを手にする事が出来ます。

具体的なバッジの製作方法がわかる

製作したいバッジの形が決まれば、次からは具体的なバッジの制作に取り掛かる事になります。自分で手軽に制作できるバッジの自作キットなども販売されていますが、100円ショップなどで販売されているグッズを使用する事でも、イラストや写真などを簡単に缶バッジにする事は出来ます。材料はクルミボタンキット、クリアポケット、安全ピン、中に入れる原稿です。1.クルミボタンキットに同梱されている型に沿ってクリアポケットを切り取ります。2.イラストなどお気に入りの紙を台紙通りに切り取ります。3.切り取ったパーツを挟み込みシリコン型で固め、最後にボタンに安全ピンを通せば完成となります。また、100円ショップでは紫外線で硬化するレジンなども販売していますので、完成したバッジに型を取ったレジンを取り付け立体的なデザインにする事も出来ます。